プリンターの故障時は修理か買い替えか早めに検討しよう

>

プリンターの修理と買い替えのメリットで検討する

プリンターの修理か買い替えの選択

プリンターに使用するインクは比較的に高価な商品です。
故障した時点でインクの在庫がかなりある場合は修理の方が割安になるでしょう。
最近プリンターの調子が良くないと思ったらインクの買い足しは控える事が大切です。
インクが少なければ修理と買い替えと判断がしやすくなります。
パソコンの買い替えを検討している場合は、プリンターの修理か買い替えを決めてからが良いです。

プリンターとパソコンのスペックがあわないと使用が出来なくなる場合があります。
これらの買い替えと修理は同時期か対応が可能かを判断してからにしましょう。
わからない場合は販売店の担当者に型番などの情報を伝えて確認すると安心です。
両方の相性がメーカーと型番でわかります。

プリンターには寿命がある

プリンターを修理したほうが良いのか買い替えた方が良いかは使用年数によります。
使用頻度によりますが、三年以上使用している場合は修理より買い替えの方がメリットある事が多いです。
かなり高額でスペックが高い場合を除いて、プリンターの寿命がそれほど長くないと判断しましょう。
一番簡単なタイプのプリンターだと、一年程度で買い替えた方が安くつく可能性があります。
どのくらいのスペックで使用年月がどのくらいかを確認しましょう。
明確な購入時期がわからない場合は、製造番号などからおおよその販売期間がわかります。
見積もりを依頼する際に販売期間を担当者に質問するのがポイントです。
プリンターを修理するにしても買い替えるにしても費用がかかります。


この記事をシェアする