プリンターの故障時は修理か買い替えか早めに検討しよう

>

プリンターが故障した時は買い替えとの状況判断と比較が大切

保証期間で決める

プリンターのメーカー保証は基本的に一年程度です。
販売店の延長保証がある場合は3年から長くて5年になります。
この期間を過ぎていると修理代金がかかる可能性があるので買い替えを検討しましょう。

最近は三万円程度出すと新しいプリンターを購入する事が可能です。
必要なスペックによりますが、簡単な印刷なら安価な物で対応が出来ます。
必要な印刷の能力を販売店の方と相談してどちらにするか決めましょう。
最近は比較的に安価なプリンターが普及しています。
かなり古いプリンターを使用しているなら保証期間の兼ね合いがあるので購入時期を確認しましょう。
保証期間以外にメーカーに部品があるかどうかも購入か修理かの検討材料になります。

見積もりの明細で判断

修理を依頼するとメーカーから見積もりが届きます。
プリンターを修理して使用するか新しく買い替えるかはこの見積もりで判断しましょう。
修理の見積もりによっては安いプリンターが購入できる費用の可能性があります。
インクのストックが多い場合やかなり高額なプリンターの場合はどちらが良いか修理の明細が決断するポイントです。
部品名などの内容がわかる見積もりを貰いましょう。

急いで見積もりを出して貰いたい場合はその旨を担当者に伝えます。
プリンターをすぐに使いたい場合は修理より買い替えが良い可能性があるので見積もりが出るまでの日数を確認しましょう。
おおよその見積もりがでるまでの日数を、受付をした担当者が教えてくれます。


この記事をシェアする